BUNKA VIETNAM製品

高速開閉
通常シャッターの10倍以上のハイスピードで開閉し(当社比)、作業効率を高めるばかりでなく、空調効果を保持し、虫や塵等の侵入を防止します。
高気密設計
躯体部とレール部を密着させ、さらにガイドレールとガイドシールにより、ガイドレール部がらの空気の洩れを防ぎ、気密性を高めています。
高速開閉および高気密設計のため、空気の流出入量が最小限におさえられ、省エネ効果につながります。
高耐風圧設計
緩衝スプリングにより、風圧に柔軟に対応できる設計です。
 
自動復帰(セルフリペアリング方式)
¤ セルフリペアリング方式は、万一の場合に働く補助的な機能です。むやみにカーテンをレールからはずすことは、ジッパー破損の原因となる場合がありますのでおやめ下さい。ジッパー部の破損による補修費が別途かかります
¤ セルフリペアリング時に衝撃度合や衝撃物によっては、シートが破損する恐れがあります。破損費が別途かかりますのでご了解ください。
¤ 外れたシートをセルフリペアリングさせる場合は、シートのパタつきが無くなるまで待ってください。また、接触している物等を取り除いてください。
忙しい作業中には、注意していてもどうしてもシートにフォークリフトなど車両をぶつけてしまうことがあります。
でもご安心ください。衝突等によってガイドレールから抜けだしたシートは、一回巻き上げることで元に復帰します。
¤ 外れたシートをセルフリペアリングさせる場合は、シートのパタつきが無くなってから上昇させてください。パタついたままシートを上昇させるとジッパーが破損する場合があります。
当社独自のセルフリペアリング方式は、車両やシールの 破損を防ぎ、 補修費などの経費削減につながります。
¤ レール部が破損すると、上記の機能がはたせなくなりますので、レール部保護のためにガードボール(オプション)の設置をおすすめします。
製品の耐風圧性能以上の強風や車両にあたることでシートがガイドレールから外れた場合は、開ボタンを押してください。
上限まで上昇するとシートは元に戻ります。 自動モードの場合は、設定された時間が経過すると、シートは自動的に下降します。
手動モードの場合は、シートは上限で停止します。
 
パイプレス構造
シート材料は柔軟なポリエステル製です。万が一下降時に人や商品が挟まれてもショックは少なく、しかもシート部に補強パイプが組込まれていないパイプレス構造のため、安全性が高く、また物や<大間迅>の破損を防ぎます。
障害物感知装置
障害物感知装置により人や車両等を感知し、<大間迅>を反転上昇させ、安全を確保します。
シート下降中に人や車両が出入りして光軸を遮ると、シートは反転上昇し上限で停止します。自動モードの場合は、設定された時間が経過すると、シートは自動的に下降します。人や車両が 光軸を遮っている間は、シートは下降しません。手動モードの場合は、シートは上限で停止します。
¤ マジックタイプ「M2」、クラシックタイプ「C」はオプションとなります。
人 → 大きなケガを防ぎ。
物 → 破損を防ぎ
大間迅本体 → 破損を防ぎなど
働く人に優しく使用不能の損失を抑え 補修費のミニマム化を図ります。